トイレ 家づくり

【家づくり】トイレの場所5ヵ所を徹底比較!おすすめ場所も紹介!

【スポンサーリンク】

 

こんにちは、おもちです。

 

今回はトイレの場所についての紹介です。

 

トイレの場所はあまり考えられずに間取りを決められる方が多いかもしれませんが、一日に何度も使う場所なので生活動線が大事だったり、においや音などの問題もあったりして意外と場所が大事になります。

 

そこで今回は5つの場所を様々な面から比較してどこがどんなメリット、デメリットがあるのかを紹介していきます。

 

打ち合わせをしている方やトイレの場所について悩んでいる方などの参考になれば嬉しいです。

 

この記事でわかること

1.5つのトイレの場所のメリットとデメリット

2.5つのトイレの場所の評価(おすすめ度)

3.おすすめのトイレの場所

 

設置場所

5つのトイレの設置場所についてそれぞれメリットとデメリットを踏まえて私が思う評価とおすすめ度を紹介します。

 

1.玄関ホールに接する場所

メリット デメリット

1.出かける前や帰ってきた時にすぐに行ける

2.LDKから音やにおいが気になりにくい

3.来客の方が使いやすい

1.来客の方が玄関にいる時出にくい

2.LDKから動線が長い

3.手洗い器を設置する必要がある

4.来客時ににおいが気になる

5.水回りをまとめにくくなるので配線工事の金額が上がる

6.風水的によくない

メリット

メリット1.出かける前や帰ってきた時にすぐに行ける

出かける前や帰宅後はトイレに行きたくなることも多く、玄関近くにトイレがあるととても便利です。子供が帰宅後にトイレに駆け込む時にはとても助かります。

 

メリット2.LDKから音やにおいが気になりにくい

LDKに離れているためトイレの音が聞こえることがなく、落ち着いて用を足すことができます。

 

メリット3.来客の方が使いやすい

来客の方がすぐに行けるので使いやすいと思います。来客の方も落ち着いて用を足すことができます。

 

出かける前にすぐトイレに行けるのは嬉しいですよね。

 

デメリット

デメリット1.来客の方が玄関にいる時出にくい

来客の方が玄関にいる時にトイレから出にくいです。トイレに入る時も入りにくいです。音も気になって落ち着いて用を足すことができません。

 

デメリット2.LDKから動線が長い

動線が長いLDKからトイレに行く際に間取りによってはLDKから少し距離があって動線が長いです。特にお風呂の前にトイレに行きたくなった時は距離があるので不便に感じることがあるかもしれません。

 

デメリット3.手洗い器を設置する必要がある

近くに洗面所がないのでレストルーム内か玄関ホールに手洗い器を設置する必要があります。設置費用や掃除する場所も増えて、トイレットペーパーなどのストックの数も増やす必要があります。

 

デメリット4.来客時ににおいが気になる

来客の方が来た時にトイレのにおいがする可能性があるので対策をする必要があります。

 

デメリット5.水回りをまとめにくくなるので配線工事の金額が上がる

洗面所や浴室などの水回りと場所を離すと水道の配管類が集まらないので工事が大変で工事費が上がります。家事の大半を占めているのが水回りの家事ということもあって、家事動線が長くなってしまいます。

 

デメリット6.風水的によくない

玄関から運気が入ると言われており、玄関近くにトイレや浴室があると玄関に悪い運気が溜まり、家中を巡ることになるそうです。

 

来客があったらトイレから出にくそうだな~

 

玄関ホール おすすめ度 ★★☆☆☆

生活動線 ★★☆☆☆
動線(外出や帰宅) ★★★★★
音やにおい ★★☆☆☆
来客面 ★★★☆☆
費用面 ★☆☆☆☆
掃除面 ★☆☆☆☆
トイレを玄関ホールに接する場所にすると外出時や帰宅時の動線はいいですが、費用面や掃除面がよくないのでおすすめ度は星2つです。

 

 

2.洗面所に近い場所

メリット デメリット

1.手洗い器を設置しなくてもいい

2.お風呂前に行きやすい

3.LDKから音やにおいが気になりにくい

4.水回りをまとめることができるので配線工事の工事費を抑えられる

1.脱衣所がない間取りだとトイレから出にくい

2.来客の方が使いにくい

3.出かける前や帰ってきた時は少し遠い

メリット

メリット1.手洗い器を設置しなくてもいい

洗面所がトイレの隣や近くにあれば手洗い器を設置しなくても大丈夫です。手洗い器を設置しなければ掃除箇所が減ったり、費用も抑えられます。お子さんがいらっしゃる家庭だとレストルーム内に手洗い器があると水跳ねで掃除が大変になる可能性があります。

※レストルーム内で手を洗いたいという方はメリットにはなりません。

 

メリット2.お風呂前に行きやすい

お風呂前にトイレに行きたくなることがあると思いますが、浴室は洗面所の近くにあることが多いのでお風呂前にトイレが行きやすいです。

 

メリット3.LDKから音やにおいが気になりにくい

トイレがLDKに直接繋がっている訳ではないのでトイレの音やにおいが気になりにくいです。

 

メリット4.水回りをまとめることができるので配線工事の工事費を抑えられる

洗面所や浴室などの水回りと場所をまとめると水道の配管類が集まっているため、集まってないよりは工事がしやすく、工事費が抑えられます。家事の大半を占めているのが水回りの家事ということもあって、家事動線が短くなります。

 

お風呂前にすぐ行けたり、音やにおいが気になりにくいのはいいですよね。

 

デメリット

デメリット1.脱衣所がない間取りだとトイレから出にくい

洗面所とトイレが横並びの間取りで脱衣所がない間取りだと洗面所に家族や来客の方がいるとトイレに行きづらかったり、出づらかったりします。

 

デメリット2.来客の方は使いにくい

玄関の近くではないため、来客の方がすぐに行けなくて使いにくいと思います。

 

デメリット3.出かける前や帰ってきた時は少し遠い

玄関からのトイレまでの動線が長く、出かける前や帰ってきた時に行きたくなったりすると不便に感じることがあるかもしれません。

 

脱衣所と洗面所を分ける間取りにされる方は洗面所の横並びにトイレを設置されるのがおすすめです。

 

洗面所近く おすすめ度 ★★★★☆

生活動線 ★★★☆☆
動線(外出や帰宅) ★★☆☆☆
音やにおい ★★★★★
来客面 ★☆☆☆☆
費用面 ★★★★★
掃除面 ★★★★★
トイレを洗面所に近い場所にすると費用を抑えられることや掃除の楽さなどを考えておすすめ度は星4つです!

 

 

【スポンサーリンク】

3.LDKに接する場所

メリット デメリット

1.LDKからの動線が短い

1.音やにおいが気になる

2.来客の方がいると使いづらい

3.手洗い器を設置する必要がある

メリット

メリット1.LDKからの動線が短い

LDKからすぐにトイレに行けるので便利です。

 

LDKからすぐにトイレに行けるのはいいですよね。

 

デメリット

デメリット1.音やにおいが気になる

LDKに接する場所にトイレがあるためトイレから音が聞こえたり、においがにおってきたりすることがあります。LDKには日常生活で一番長く居る場所である上、来客の方も来られるので音やにおいが伝わらないよう対策が必要になります。

 

デメリット2.来客の方がいると使いづらい

来客の方がLDKにいる際にトイレが丸見えなのでトイレに行きづらかったり、使いづらかったりします。

 

デメリット3.手洗い器を設置する必要がある

近くに洗面所がないのでレストルーム内に手洗い器を設置する必要があります。設置費用や掃除する場所も増えて、トイレットペーパーなどのストックの数も増やす必要があります。

 

音やにおいが気になって落ち着いてトイレを使えなさそうだな~

 

LDK近く おすすめ度 ★★☆☆☆

生活動線 ★★★★★
動線(外出や帰宅) ★★★☆☆
音やにおい ★☆☆☆☆
来客面 ★☆☆☆☆
費用面 ★★☆☆☆
掃除面 ★★★☆☆
トイレをLDKに接する場所にすると生活動線はいいですが、音とにおいの事や落ち着いてトイレができない事を考えておすすめ度は星2つです。

 

 

4.ボックス階段の下の場所

メリット デメリット

1.奥行きのある使いづらい収納がなくなる

2.施工面積を小さくできる

3.2階からすぐ行ける

1.収納量が減る

2.狭くて圧迫感がある

3.階段の音がする

4.傾斜用の照明取り付け器具が必要

5.手洗い器を設置する必要がある

メリット

メリット1.奥行きのある使いづらい収納がなくなる

階段下のスペースは奥行きがあって収納としては少し使いづらい収納スペースとなっています。階段下の収納が使いづらくて必要ない方にはトイレの場所として使う方が有効に活用することができます。

 

メリット2.施工面積を小さくできる

階段下のスペースをトイレとして使うのでトイレ分の広さの施工面積が狭くなって費用がかなり抑えることができます。

 

メリット3.2階からすぐ行ける

階段の下にトイレを設置するため2階から降りてきてすぐにトイレに行くことができます。2階に寝室がある間取りだったら、寝る前にトイレに行きやすい場所となります。

 

2階にトイレが無い方にはとても便利な場所です!

 

デメリット

デメリット1.収納量が減る

メリットでも紹介したように階段下のスペースは奥行きのある収納で使いづらいですが、大きい物を収納することができ、収納力はかなりあります。収納の使い方をしっかり考えている方にはデメリットとなります。

 

デメリット2.狭くて圧迫感がある

階段下なので天井が低くなっているため、圧迫感があります。空間が狭いので収納を付けたり、カウンターを付けたりするとさらに狭くなります。掃除の面でも狭いことで掃除場所は狭くなりますが、掃除がしにくいともいえます。トイレに広さを求める方には不向きな場所です。逆に狭いトイレがいい方にはおすすめです。

 

デメリット3.階段の音がする

階段下なので誰かが階段をのぼったり、降りたりすると階段の音がすることがあります。

 

デメリット4.傾斜用の照明取り付け器具が必要

階段下の天井は傾斜があるため、照明器具は傾斜専用の器具を用意する必要があります。

 

デメリット5.手洗い器を設置する必要がある

近くに洗面所がないのでレストルーム内に手洗い器を設置する必要があります。設置費用や掃除する場所も増えて、トイレットペーパーなどのストックの数も増やす必要があります。

 

トイレが狭いのは落ち着けなさそうだし、掃除もしづらそうだな~

 

ボックス階段下 おすすめ度 ★★★☆☆

生活動線 ★★★☆☆
動線(外出や帰宅) ★★★☆☆
音やにおい ★★☆☆☆
来客面 ★☆☆☆☆
費用面 ★★★★☆
掃除面 ★★☆☆☆
トイレをボックス階段の下の場所にするとスペースが狭かったり、収納が減ったり、掃除がしにくかったりとデメリットが多いですが、動線も悪くなく、施工面積が減り費用を抑えることができるのでおすすめ度は星3つです。

 

 

5.寝室に近い場所(平屋とリビング2階)

メリット デメリット

1.寝る前に行きやすい

1.音やにおいがかなり気になる

2.来客の方が行きにくい

3.出かける前や帰ってきた時の動線が長い

メリット

メリット1.寝る前に行きやすい

寝る前すぐにトイレに行けるので便利です。将来的に考えてもトイレが寝室に近いのは助かります。

 

寝る前すぐにトイレに行けるのはいいですよね。

 

デメリット

デメリット1.音やにおいがかなり気になる

トイレが近いので自分が寝室で寝ていたり、作業している時に自分以外の家族がトイレを使う際の音やにおいがかなり気になると思います。

 

デメリット2.来客の方が行きにくい

間取りにもよりますが、家の奥にトイレが設置される可能性が高く、玄関の近くではないため来客の方がすぐに行けなくて使いにくいと思います。

 

デメリット3.出かける前や帰ってきた時の動線が長い

玄関からのトイレまでの動線が長く、出かける前や帰ってきた時に行きたくなったりすると不便に感じることがあるかもしれません。

 

寝てる時にトイレの音やにおいがしてきそうだな~

 

寝室近く おすすめ度 ★★☆☆☆

生活動線 ★★★★☆
動線(外出や帰宅) ★☆☆☆☆
音やにおい ★☆☆☆☆
来客面 ★☆☆☆☆
費用面 ★★☆☆☆
掃除面 ★★☆☆☆
トイレを寝室に近い場所にすると寝る前の行きやすさや将来のことを考えるといいですが、音やにおいがかなり気になることからおすすめ度は星2つです。

 

 

トイレのおすすめ場所

5つの場所を紹介させてもらい、おすすめ度でも一番高い洗面所に近い場所がおすすめ場所です

 

さらに、脱衣所を隣に設けて水回りをまとめた洗面所近くに設置することをおすすめしたいです

 

我が家は洗面所の隣にトイレを設置しました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

最後に

今回はトイレの場所についてメリットやデメリットを紹介しましたが、間取りによってはメリットがデメリットになったり、デメリットがメリットになる事もあるので生活動線やにおい、音、費用面など自分の間取りではどうかを考えてトイレの場所を検討してみてほしいです。

 

評価した星の数はあくまでも私の個人的な感覚です。

 

トイレの広さについてもまとめたので、気になる方はどうぞ。

 

【家づくり】トイレの広さについてメリットとデメリット!

 

応援してくれる方や少しでも役に立ったと思う方は下のボタンを押してくれると嬉しいです。

 

     にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

【スポンサーリンク】

-トイレ, 家づくり

© 2021 お も ち B L O G . Powered by AFFINGER5