土地

よくある土地購入の後悔ポイント24選紹介!対策方法も解説します。

【スポンサーリンク】

 

土地購入される方はどんな後悔ポイントがあるのか気になりませんか?

 

また、土地購入においてこんな悩みありませんか?

 

    • 土地購入においてどんな後悔をしてしまうことがあるのか?
    • 後悔しないための対策はあるのか?
    • 土地購入を後悔しないためにはどうしたらいいのか?

 

こんな悩みを抱えている方がほとんどで、今読んでくださっているあなたも知りたい内容だと思います。

 

そこで今回の記事では、よくある土地購入の後悔ポイント24選とその対策方法、後悔しないためのおすすめ方法を紹介します。

 

この記事を見ることでどんな後悔ポイントがあるのかを知ることができ、必ず土地購入の参考になる記事となっています。

 

私がおすすめする後悔しない方法も紹介するので興味のある方はぜひ使ってみてください。

 

この記事で分かること

1.よくある土地購入における後悔ポイント24選

2.後悔ポイントの対策方法や事前に防ぐ方法

3.後悔しない土地探しのおすすめ方法

 

土地購入の後悔ポイント

 

1.面積が広すぎた

大きい家や広い庭を考えている方は多いですが、逆に広すぎてしまった方もいます。

 

広すぎると、

  • 土地の価格
  • 建物が建つ前の1期工事
  • 建物が建ってから仕上げする2期工事
  • メンテナンスなど

お金や手入れもかなり必要になります。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 家の大きさや外構のイメージ、予算も考えて最適な広さの土地を検討する
    • 外構工事の価格を抑える(シンプルな外構、DIYするなど)
    • メンテナンスフリーな外構にする(防草シートを敷いた砂利や人工芝、人口木ウッドデッキ、コンクリートなど)

 

2.面積(幅)が小さすぎた

面積は広すぎるのと逆に小さすぎたパターンもよくあります。

 

小さすぎると、

  • 思っていた家を建てられない(部屋数、部屋の広さなど)
  • 庭をつくれなかったり、狭くなった
  • 駐車スペースが足りないなど

後悔したり不便だと感じてしまいます。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 家の大きさや外構のイメージ、予算も考えて最適な広さの土地を検討する
    • 当たり前にとらわれず、本当に必要かを考えて間取りを決める
    • 2階建てや3階建てにするなど

 

3.形がいびつ

形がいびつな土地は安いことが多く価格を抑えるために買われる方もいます。

 

ですが、間取りや外構を考える時に形がいびつなために理想のマイホームが建てれなくなってしまうこともあります。

 

土地の形を妥協して価格を抑えるのはあまりおすすめできません。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 形がいびつな土地は選ばない
    • 土地の形を生かした間取りを設計士に考えてもらうなど

 

 

4.予算オーバーしてしまった

土地の価格以外にも、不動産取得税司法書士費用などがかかり予算オーバーしてしまうケースもあります。

 

理想が高く妥協しないで土地を買って、想定した予算を大きく上回ってしまうこともあります。

 

生活も考えて、高望みしすぎないことが後悔しないために大事です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 予算を低く設定する
    • 土地購入には土地そのものの価格以外に何があってどれくらいかかるか把握する
    • 家や外構などで価格を抑えるなど

 

5.準防火・防火地域でお金が余分にかかる

準防火・防火地域は火災による延焼を防ぐために指定された地域のことで、火災に強い家を建てなければいけません。

 

例えば、

  • 玄関の防火ドア
  • 防火シャッター
  • 窓は防火サッシなど

防火専用のものを選ばないといけないため、選びたいものを選べなくなってしまいます。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 購入する土地が準防火・防火地域か確認する
    • 市街地や駅前、新幹線沿いなどの土地は避けるなど

 

6.日当たりが悪い

家を建てる前にだいたい予測は着くのですが、いざ建ってみると思ったより日当たりが悪いということはよくあります。

 

また、隣の家が後に建ったりして日当たりが悪くなったケースもあります。

 

土地を買う前に実際の場所に行き、日当たりがいいか確認してみてください。

 

日当たりが悪いと、部屋が暗くてその分電気を使うため電気代がかかります。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 大きい窓や窓を多く採用して光を取り入れる
    • 2階をリビングやダイニングのある間取りにする
    • 内装やインテリアを白色にする
    • 吹き抜けを採用する
    • 広い土地であれば、隣の家と離して建てる
    • 中庭を設けるなど

 

7.地盤が悪い

地盤が悪い土地だと知らずに購入してしまう場合もあります。

 

地盤が弱いと、

  • 地震による傾きや液状化の可能性
  • 水が溜まりやすく、水はけが悪くなります。

安全に関することなので、地盤は強いに越したことはないです。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 土地を買う前に水はけが良いか確認
    • コンクリートによる外構工事
    • 地盤改良をするなど

 

8.水害に弱い

土地を見ても水害に強いかは分かりづらく、気づかずに購入してしまうこともあります。

 

水害災害は、

  • 洪水
  • 波浪
  • 高潮
  • 津波
  • 内水氾濫
  • 外水氾濫

などがあり、基本的に大きい川や海沿いはこれらの災害が起きやすいので注意が必要です。

 

水害災害は年々増加しているため、水害に弱い土地だと後悔してしまいます。

 

災害に弱い土地だと知っていれば安心して住むことができないので、絶対確認してほしい項目です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 川沿いや海沿いの土地は避ける
    • 土地の周りも歩いてみる
    • ハザードマップを確認する
    • 水害が起こりそうな日は水害対策をするなど

 

9.交通アクセスが悪い

土地を買う時に通勤や通学の事を考えて、交通アクセスを優先して決められる方は多いです。

 

ですが、実際に通勤ルートを通ると混雑したり走りづらかったということもあります。

 

また、出かける時によく使うバイパスや駅が家の近くにあると便利です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 使いそうな駅の路線やバス停、道路(バイパス)が近いか事前に確認する
    • 実際に使う通勤ルートを使って確認する(混み具合や走りやすさなど)

 

10.スーパーや薬局、学校、公園などが遠い

これは近いけど、あれは少し距離があって後悔したなど様々なパターンで後悔されている方がいます。

 

子供がいる方や生まれる予定のある家庭は、学校や公園が近くにあると便利で安心できます。

 

スーパーや薬局は近くにあるかではなく、使いやすくて実際に使う店が近いかなので店を見に行くことが大事です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 近くにあるか事前に確認する
    • 車で行く方の場所は少し距離があってもいいけど、歩きや自転車で行く方の場所は近い土地を選ぶ
    • 公園にはどんな遊具があって、安全なのか
    • 学校まではガードレールや歩道橋があるか
    • 家の庭で遊べる場所をつくる
    • 通勤途中にスーパーや薬局、送り迎えをするなど

 

11.家の前の道が混む&子供を遊ばせにくい

近くに観光地や商業施設があったり、通勤ラッシュなどで家の前の道が混んでしまうことがあります。

 

家を出る時や通勤に時間がかかるため、後悔される方がほとんどです。

 

そういった場所がある土地は家の前の道路の状況を確認してから購入することが大事です。

 

家の前の道が混みやすいと、

  • 出入りがしにくく、駐車もやりづらい
  • 出入りに時間がかかる
  • 子供やペットを庭で遊ばせにくくなるなど

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 事前に家の前の道路の状況を時間帯別に確認する
    • 周りの施設で車が混まないか確認する
    • 庭は家の裏に配置する
    • 庭にフェンスを付けるなど

 

12.人目があって気になる

前の道の人通りが多かったり道の近くに家を建てると人目が気になることもあります。

 

人目が気にならない方は大丈夫ですが、気になる方は後悔して、生活しづらくなってしまいます。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 人通りの少ない土地を選ぶ
    • 家をどこに建てるかまで考えて、土地を選ぶ
    • 駐車場や庭などを前にする
    • フェンスや塀、木などを置くなど

 

13.家の前が坂道

家の前が坂道な土地は安いことが多く価格を抑えるために買われる方もいます。

 

ですが、徒歩はもちろん自転車やベビーカーなど坂道だと不便で車だとガソリンも減るため後悔される方が多くいます。

 

基本的に坂道だと不便で危険も多く、価格を抑えられるとは言えあまりおすすめできません。

 

坂道に対する対策方法もないので注意が必要です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 事前に土地を見に行って確認する
    • 家の前の道で子供を遊ばせないなど

 

14.駐車がしづらい

駐車する時のことまで考えずに土地を買い、駐車しづらかった方もいます。

 

交差点付近の土地や道路に接する幅、土地の形によって駐車がしづらくなってしまいます。

 

ほぼ毎日使うということもあり駐車しづらいと嫌になりますし、事故や焦りなどにも繋がるので確認してほしいポイントです。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 駐車しづらくないか確認する
    • 敷地内にカーブミラーを設置する
    • 車に距離センサーを付けるなど

 

15.電車や工場、隣家などの音が気になる

特に子育てをされている方は、土地購入の際は音も気になるポイントの一つだと思います。

 

電車や工場は土地を見に行くとすぐに分かりますが、隣家の音は意外と住んでからでないと気づけないことが多いです。

 

隣家の犬がよく吠えたり、夜に騒音があるという可能性もあり、土地を見る時は様々な時間帯で見に行くことが大事です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 朝昼晩、平日休日で時間帯を分けてできるだけ多く土地を見に行く
    • 近隣住民に話を聞く
    • 気密性の高い家を建てるなど

 

16.治安が悪い

街の治安についてはあとで気づくことが多く、土地購入において気にしてほしい大事なポイントになります。

 

治安が悪いところは犯罪が多かったり不良が溜まっていたり、キャバクラや風俗などがあったりします。

 

歩くのも不安で怖いですし、子供がいる方は心配ですよね。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 事前に怪しい店が近くにないか確認する
    • 近隣の方に話を聞いてみる
    • 怪しい店には近づかないようにする
    • 人通りが多い道や街灯のある道を使うなど

 

17.街灯が少ない

土地購入の際に街灯を気にする方はあまりいないです。

 

そのため、住んでから街灯が少ないことに気づいてしまい後悔する方がいます。

 

仕事や学校の帰りなどで歩きや自転車で帰る時、街灯が少ないと心配だし怖いですよね。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 夜の時間帯に土地周辺の街灯があるかを確認する
    • 街灯のある道を使う
    • 外構工事で街灯を付けるなど

 

18.町内会費や行事が多い

町内会や行事については住んでから知られる方がほとんどです。

 

地域によっては町内会費がかなり高いなんてところもあるので注意が必要です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 市役所で確認する
    • 事前に近隣の方に話を聞いてみる
    • 周りを気にしない方は町内会に入らないなど

 

19.自治体の政策が悪かった

自治体によって政策が様々で、他の自治体のほうが良かったと思われる方もいます。

 

例えば子育て支援だと、

  • 児童手当金や出産祝い金、入学祝い金の給付
  • 医療助成費、学費補助金が手厚い
  • 育児用品の割引券やクーポンの配布がある
  • 不妊治療に関する補助制度など

地域によっていろんな政策を行っていて、支援が手厚いです。

 

自治体の政策はあとで対策することが出来ないため、事前に調べることが大事です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 事前に調べて把握しておく
    • 市のホームページを見て確認し、利用忘れがないようにするなど

 

20.地目が墓地や水に関係していた

土地には過去にどんな地目であったが知ることができて、家を買うのであれば注意したい点です。

 

特に、水に関係する「田・池沼・用悪水路・ため池」などは地盤が弱い可能性が高いです。

 

また、「墓地」もできれば避けたい地目ですね。

 

土地を買う際に地目をしっかり確認しておけば大丈夫です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 土地購入の際に確認する
    • 過去の地目まで聞く
    • 地盤が弱ければ地盤改良をするなど

 

21.虫がたくさん出る

山や田んぼ、畑が近い土地だと虫がたくさん出ます。

 

家に虫が入ってきたり、死んでいたら嫌ですよね。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 窓に網戸を付ける
    • 窓による換気ではなく、換気システムを使う
    • 通気口や室外機のホースにフィルターを付ける
    • 排水溝の隙間を埋めるなど

 

22.ゴミステーションが遠い

ゴミステーションの場所を気にしていなくて、遠かったなんてこともよくあります。

 

近すぎるのは嫌ですが、地域によっては週に3回ほど行かないといけないので距離があると意外に手間です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 事前にゴミステーションの場所を確認する
    • 通勤ついでに出すようにするなど

23.価値が低くなる土地にしてしまった

将来土地を売却することを考えずに購入をして、売却する時に価値が低くなる土地にしてしまうこともあります。

 

目先のことだけ考えて、形がいびつな土地や平らではない土地、土地に面した道路が狭かったりする土地などは売却時に価値が低くなっています。

 

土地購入は将来的な価値がどうなるかについても考えて選んでほしいです。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 将来的な価値についても考えて選ぶ
    • 相場よりも安い土地は選ばない
    • 売却損することを想定しておくなど

 

24.先に購入されてしまった

土地購入は早い者勝ちです。

 

そのため、迷っていたり見つけた時にもう先に購入されていることもあります。

 

事前に土地の条件を決めて、すぐにでも土地を購入する覚悟を持っておくことが大事です。

 

対策方法・事前に防ぐ方法

    • 購入する土地の条件を決めておく
    • 土地購入する心構え、覚悟をしておく
    • 契約前なら、キャンセルの可能性があるのでチェックするなど

 

後悔しない土地探しをするためには?

 

紹介した後悔ポイントを知って、後悔しないよう事前に防ぐことはとても大事です。

 

後悔しない土地探しで重要なことは、

 

専門アドバイザーやプロに相談・アドバイスをしてもらうことです。

 

私はいろんなサイトやSNSで後悔ポイントや家について調べて家づくりをしましたが、後悔したところはあります。

 

私がおすすめするタウンライフはネットで簡単にプロに相談やアドバイスをもらうことができます。

 

 

\無料で土地提案を試してみる!/

詳しくはコチラ

 

タウンライフのメリット

  • ネットで簡単に3分で無料申し込みができる
  • 未公開の土地情報が手に入る
  • プロの相談やアドバイスが受けられる
  • 土地情報のほかに「間取りプラン」「資金計画」「カタログ請求」までできる
  • サービス実績数や利用者数・利用満足度などによる信頼性があり安心できる

 

現在では使っている方も増えてきて実績や信頼性も高いです。

 

最後に

今回紹介した後悔ポイント知って事前に防ぎ、気になる方はタウンライフ家づくりを使って土地の提案やアドバイスを受けてみてください。

 

タウンライフ家づくりについてさらに詳しく紹介している記事が見たい方はこちらをどうぞ。

 

関連記事
【後悔しない家づくり】タウンライフ家づくりの評判・口コミは?

【スポンサーリンク】 こんにちは、おもちです。   ネットで紹介してある「タウンライフ家づくり」についてこんな悩みありませんか? タウンライフ家づくりってなに? 実績や信頼性はあるの? どん ...

続きを見る

 

応援してくれる方や少しでも役に立った方、共感したと思う方は下のボタンを押してくれると嬉しいです。

     にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

 

【スポンサーリンク】

おすすめ記事

1

  【スポンサーリンク】   こんにちは、おもちです。   今回は展示場に行く前に絶対にやるべきことを4つ紹介します。   初めて展示場に行かれる方の参考になれ ...

2

【スポンサーリンク】 こんにちは、おもちです。   ネットで紹介してある「タウンライフ家づくり」についてこんな悩みありませんか? タウンライフ家づくりってなに? 実績や信頼性はあるの? どん ...

3

【スポンサーリンク】   こんにちは、おもちです。   今回は一条工務店で私がおすすめする床材のライブナチュラルプレミアム「オーク」について紹介します。   床材選びで悩 ...

-土地
-

© 2022 お も ち B L O G . Powered by AFFINGER5